調理時間:1時間20分

  • マロスティカ産サクランボIGP 200g
  • 00タイプの小麦粉 350g
  • バター 180g
  • 卵 3個
  • 砂糖 200g
  • 牛乳 150g
  • スポンジ生地
  • マラスキーノ酒
  • フルーツ・ゼリー

卵、小麦粉、砂糖100g、塩ひとつまみ、水カップ1、カットしたバターを練り合わせてブリゼ生地を作る。むらのない、柔らかな生地ができたら、ふきんをかぶせ、一時間ほど寝かせておく。麺棒を用いて生地を薄く伸ばし、4つにカットし、バターを塗った4個の小さな型に敷く。これを180℃で15分間空焼きしたのち、オーヴンから取り出してさましておく。次に甘いクリームを作る。卵黄2個と砂糖を泡立てたものに小麦粉大さじ1をくわえ、かきまぜながら、少しずつ牛乳をそそぐ。湯煎にかけて、濃いクリーム状になるまでまぜつづける。さきほどのブリゼ生地に、マラスキーノ酒でしめらせた丸いスポンジ生地を敷き、冷ましたクリームをそそぐ。このトルティーニが一杯になるまでサクランボを並べる。最後に、フルーツ・ゼリー(サクランボのゼリーならなおよい)で全体をおおう。または、好みでホイップクリームをあしらう。甘いクリームを円盤状に広げ、マラスキーノ酒を数滴ふりかけた上に、トルティーニを置くバリエーションもある。